どくだみの効能



どくだみの効能

古くは平安時代からその薬効の高さで愛用されてきたどくだみ(魚腥草、十薬)。日陰のいたるところに自生する宿根草でたやすく手に入り、またさまざまな使い方が出来るためあらゆる人々に使われてきました。いわば日本の薬草の代表ともいえる存在です。

生の葉や茎は、揉んで切り傷、にきび、しっしん、かぶれ、水虫などに利用されます。おできには「吸出し」としてよく使われます。青汁やどくだみ茶(開花期の葉と茎をを乾燥させたもので十薬(じゅうやく)という;日本薬局方)として内服すると、高血圧や肩凝り、便秘を改善し、免疫力を高め動脈硬化を予防します。また利尿作用も有名で、体内の毒素排出し体調を整えるとしてひろく利用されます。

 実はユンケルスターもドクダミ配合
ユンケルの王様 ユンケルスター 50ml【第2類医薬品】

どくだみの匂い

どくだみと聞いて連想するのが、なんと言ってもあの匂いですね。独特な、できれば嗅ぎたくない香りです。

あの香りの正体は「デカノイルアセトアルデヒド」という抗菌作用をもつ物質です。生葉の汁がおできなどの化膿症に使われるのは、この抗菌作用のためかもしれません。

この香りは、乾燥させるとなくなります。成分が酸化されてしまうからで、そうなると抗菌作用も失われてしまいます。敬遠される香りですが、実は大切な薬効成分のひとつなのです。

ついでに、お茶などで内服して動脈硬化を予防し、利尿作用を発揮する成分「クエルシトリン」といい、匂い成分とはまた違うものです。目的に合った使い道があるのがどくだみです。

どくだみ茶

もっとも一般的なのが、どくだみ茶としての利用法です。

薬効成分がもっとも多くなる6月から7月の開花期に地上部を刈り取り、軒下など雨のかからない風通しのよいところに吊り下げて十分乾燥させます。茎がぽきんと折れるようになるくらいが目安です。乾燥したら、適当な長さにハサミでカットして、かびないよう除湿剤とともに密閉容器の中で保存します。

これを熱湯で好みの量、好みの濃さになるように浸出させてどくだみ茶として飲むわけです。長時間煎じてから飲むこともあります。この際、高温で煮沸し続けると薬効成分が破壊されるという記事があり、できるだけ弱火で(或いは60度以下の保温状態で)煮出すのがよいといいます。

味は、いずれも美味しいというものではありませんが、飲めます。飲みにくいと感じた場合は冷蔵庫で冷やして飲んだりほうじ茶などとブレンドする方法もお勧めです。


健康面だけでなく、美容目的の愛飲者も多いこともどくだみの特徴です。
どくだみ100%!毎日の美容と健康に!(3g×20袋)

どくだみ酒

 

加熱による薬効成分破壊が防げるのがこの方法です。薬用酒を作ります。

お茶のときと同様に、乾燥させたどくだみをホワイトリカーに漬けます。乾燥が不十分だと臭いが残って飲みにくくなります。広口瓶の乾燥どくだみは半分くらいまで入れましょう。2週間もすれば飲めますが、3ヶ月くらい熟成させるとさらに効果的だそうです。

どくだみ醗酵酒


どくだみの有効成分は、乾燥や加熱によりどうしても生よりも少なくなってしまいます。

また量からみても、お茶に使うどくだみはほんの数グラム。最大限にどくだみ薬効を摂取するには質からも量からもどくだみの生葉青汁が一番なのです。しかし、あの臭いのどくだみ青汁を飲むのは至難の業ですね。

そこで考案されたのがどくだみ青汁の醗酵酒でした。どくだみの生葉青汁に蜂蜜や黒糖をくわえ、酵母で醗酵させて作られます。醗酵させると臭いは無くなりますが有効成分はそのままに飲みやすくしたものです。

酒に漬け込んで作るどくだみ酒とは別で、どくだみ醗酵酒はお酒なので自分では作れません。なじみのお酒屋さんにはないかもしれませんが、インターネットで購入できます。

NEW ドクターワイン 720ml






 生搾りどくだみ青汁酒十黒梅300(じゅっこくばい)

どちらもどくだみ青汁を醗酵させたもので、飲みやすいと評判の製品です。手間もなく美味しく薬効が高いといいことばかりです。食前酒や就寝前の習慣にすると良いですね。

その他のどくだみ利用法

どくだみ入浴剤
乾燥どくだみをおふろに入れて入浴剤として利用します。
冷えや皮膚病、しっしん、アトピーに効果があります。
どくだみ化粧水
どくだみ酒を使ってどくだみ化粧水を作ります。にきびや吹き出物に効果的。
アルコールが強すぎると肌への負担が大きいので調整をします。
アルコール度数30度のホワイトリカーで作ったどくだみ酒なら、同量の水で薄めるのが基本。アルコールが強い、刺激があるなどの場合は3倍、5倍と薄めて使います。ただし、薄めると保存が利かなくなるので1回毎か、2,3日分ずつ薄めて冷蔵庫内で保存するようにします。
乾燥が気に場合はグリセリンを1割までを目安に加えるとしっとりとします。
最初から化粧水を作る場合は、日本酒に乾燥どくだみを漬け込む方法もあります。日本酒のアルコール度数は15度くらいが多いので水で薄める必要がなく、日本酒そのものの作用も期待できます。

どくだみの若葉を天ぷらにすると美味しいという記述がありましたが、実際に試した方の感想では美味しくなかったそうです、、、。

タイや中国では香りを珍重して食材として和え物などにも使用されるらしいですが、日本のどくだみよりも香りが柔らかいものという情報もあります。根絶が困難なほど生命力の強いどくだみ、生食は無理でも、そのエネルギーをしっかりと取り入れ、健康に役立てましょう。

⇒ 楽天ショップ どくだみ茶各種はこちら