熱帯夜の睡眠対策

睡眠不足は万病のもと

「風邪は万病のもと」と言いますが、睡眠不足こそ万病のもと。
睡眠不足により疲れが取れず、自律神経のバランスが崩れ、免疫力が低下。そしていろいろな病気や肥満にとエスカレートしていく。

睡眠の大切さはだれもが知っていますが、夏はその睡眠を十分にとることが難しい。少しでも快適に、そして健康に眠ることができる対策を知りましょう。





寝具を選ぶ

パジャマや寝具の素材を確認しましょう。

綿、麻など汗を吸いやすく、水分を発散させやすい素材を選ぶようにします。肌掛け布団の中綿も、できるだけポリエステルなど化学繊維の割合の少ないものの方が快適です。

  

竹の小片を碁盤の目のように並べた竹シーツも、布団との間に空間を作り熱を逃がし暑苦しさを防ぎます。休むときの体温の差は、綿シーツと比べて2~3度も低くなるというデータがあります。

また最近は「ジェルパッド」が人気です。ひんやりしたジェルをパッドに入れたもので、一定時間効果が得られます。



空気の流れを作る

クーラーを付けっぱなしで休むと、翌朝体がだるいのは多くの人が経験すること。できればクーラーは使わず、自然の風のなかで眠りたいものですね。

まず自然な空気の流れを作る工夫をしましょう。よろい戸や格子が取り付けられている窓があれば、そこを開けますが、一か所だけ開けても効果は少ないです。風の流れを考えて、風が抜けていくよう、もう一か所開けましょう。

  

窓を開けっ放しにするのは防犯上問題がありますが、それが可能なサッシもあり、普通の窓でも補助錠を利用することができます。サッシ用の防犯ブザーを加えるとさらに安心です。サッシの幅が動くと警報がなるものなど。


扇風機の風も、クーラーよりよいです。ただし、直接体に風を当てないこと。これはとても大切です。扇風機は上を向け、部屋の中を風が循環するようにします。首フリを利用したり、タイマーを使うのもよいですね



積極的に冷やす


凍らせたアイスノンをタオルに包み、首の辺りに置いて休むと、かなり安眠度が増します。
冷やすのは首の後ろあたりだけなのですが、とても気持ちよく快適になります。冷やされた血液が全身を循環するからだそうです。

近年、その目的専用のアイスノンピロー が出ました。口コミ評判もよく、お金もかかりません。まずは試してみたい方法です。

  

また、画期的な製品もあらわれました。
電気式で、敷きパッドの間を強制的に空気が流れるようにしたもので、熱がこもることは絶対にありませんし、こもる湿度を圧倒的に低くすることが出来るの優れものです。夏は送風、冬は温風と年中使えます。

アテックス エアコンマット



クーラーを使うなら

上記のような方法でもダメで、どうしてもクーラーを使いたい場合は、

  • 絶対風を体に向けない
  • 室温より2度低いまでにする
  • できるだけタイマー設定をし一晩中は使わない

以上のことに注意しながら利用するようにしましょう。




side

rakuten