お団子ウィッグ〜ラクラクお団子ヘアでキュートに変身!




お団子ウィッグとは

簡単そうで、意外と難しいお団子ヘア。
ゆがんでしまったり、貧弱になったりと結構苦労するものですが、
そんなときに頼りになるのが『お団子ウィッグ』です。

普段のおしゃれの他、浴衣や和装にもぴったりなので、若い女性の間で広まっています。

お団子ウィッグ かぶせるタイプ


              

自毛のお団子にすっぽりとかぶせて出来上がるタイプで、ほぼワンタッチ。   
内側にコームやゴムひもがついているもの、バレッタ式のもの、シュシュ式のものとタイプも様々。

大きさもいくつかあり、小ぶりでタイトなものからメガ団子まで自在。


 画像提供:wigland

お団子ウィッグ ロープタイプ


ロープ式に長いエクステを、自毛のお団子に巻きつけて形を作っていくタイプ。
表情や動きをつけることができ、ロープをカットすれば大きさの調整も出来ます。

アレンジが効きやすいウィッグです。

  

 画像提供:京都和彩工房

子供用ウィッグ

意外とウィッグが活躍するのが、子供の発表会などです。

しかし大人用ではボリュームがありすぎたり、コームが大きすぎたりして使いにくいものでした。
最近ではキッズ用ウィッグもタイプが揃っており、晴の場にふさわしい華やかなヘアアレンジが可能になりました。

              

ロープタイプのウィッグの場合は、大人用を短くカットして使用することが出来ます。

前髪ウィッグ

こちらもポイントウィッグのひとつ、『前髪ウィッグ』。
ほとんどがクリップで留めるタイプで、簡単装着。
クセ毛で綺麗な前髪が作れない、汗をかくと前髪がうねるという人にも愛用者が多いです。

短い前髪ウィッグ



人気のぱっつん前髪ウィッグ。
前髪を切るのって勇気がいるものですが、
前髪ウィッグならそんな心配もなく、手軽にイメチェンが可能です。      
ショートヘアの方は前髪のみ、
ロングの方は、長めのサイドつきも使いやすいです。

    


長い前髪ウィッグ


長い前髪ウィッグも人気です。
センター分ければ大人っぽい雰囲気になりますし、
サイドに流してピンで留めると、レトロな雰囲気を楽しめます。        
装着方法は、短い前髪ウィッグと同じ。
短いウィッグよりも、地毛と馴染ませるのが易しいので
入門者はこちらから試してみるのがよいかもしれません。

   

ウィッグの手入れ

長く楽しむためには、ぜひとも正しいお手入れの仕方を知っておきましょう。


<洗い方>

  • まず、ほこりを落とすために、毛先から丁寧にブラッシングをします。
    絡まっているときには、無理に力を入れないこと。
  • 水かぬるま湯で丁寧にシャンプーとリングをします。あくまでも優しく押し洗いすること。
  • タオルで包むようにして、丁寧に水気を取った後、タオルの上に寝かせて自然乾燥します。
    このとき吊り下げて乾かすと、重みでカールが取れる場合もあるので注意します。
  • 完全に乾いてから、優しくブラシをかけて整えます。

<カールや巻きの整え方>

使っているうちに、巻きやカールが緩んだり取れたりしてくることがあります。
そういう時は、自分で再度綺麗な状態にセットしましょう。 ただし、人毛や耐熱ファイバーはコテやアイロンも使用可能ですが、化繊はダメになるので気をつけす。

使用可能な場合は、水をスプレーして湿らせた後、自毛の時と同様に仕上げます。
ドライヤーやホットカーラーも使用可です。


以上をマスターすれば、気軽にウィッグでお団子を楽しめますね。


>>> 楽天で人気のウィッグをみる >>>