桃の保存方法

初夏の便り 桃

夏になるとお店にずらりと並ぶみずみずしい桃。年中あるバナナやりんごと違って、楽しめる期間は長くありません。

贈答品としてたくさんいただくこともあるのに日持ちしないので食べないうちにダメになってしまうことも。。。。もったいないですよね。

せっかくの季節の恵みを、上手に保存して長く無駄なく楽しみましょう。

桃の保存方法

■そのままで保存

桃はとてもデリケートな果物です。

食べごろは、いい香りがして柔らかくなった頃なのですが、この柔らかさを指で確認しようものなら、そこから茶色に変色してきて傷みが始まってしまいます。

とにかく、桃は触らないことが大事で、そのため桃は大切にひとつずつウレタンのネットのスカートをはいているのです。

桃は冷蔵が苦手です。食べるときも、冷蔵庫で冷え切るとせっかくの甘みが減少するので、保存(保管)は常温が基本。涼しい室内にそっと置いておくのがよいでしょう。固めで買ってきても常温で1、2日で食べ頃になります。

そんなに早く熟させたくない場合は、冷蔵庫の野菜室に入れます。冷気の当たりが和らぐのか、ビニール袋に少し空気とともに入れておくと味の劣化も少なく数日は保管できるようです。この場合も食べる前には常温に戻すようにしましょう。


         広告


■冷凍で保存

食べ切れなくてどうしようもないときは、思い切って冷蔵します。

食べごろの桃の皮をむき、適当にカットしてオプションで変色防止のレモン汁をちょっと追加、そのままジップロックなどに入れて冷凍庫へ。

果物の冷凍はなかなかうまく解凍できません。(技術が開発されているところのようです)そこで冷凍桃は、半解凍状態でシャーベットのように美味しくいただくか、桃ジュースや桃ジャムに加工します。

シャーベット作りに重宝なのがブレンダー。
ブレンダーといえばバーミックスが有名ですが、おすすめは変わらぬ機能で価格は5分の1の貝印マルチブレンダー です。バーミックスよりむしろ使いやすくて、凍ったがわずか数秒でシャーベットになります。料理にお菓子作りにジュースに、ミルに茶挽きにと、我が家でもマルチに活躍しています。

■桃を加工する

美味しい時期の香りと味を閉じ込めるには、ジャムが簡単です。

通常のジャム作りと同様で、こまかく刻んだ実をその重量の50%くらいの砂糖とまぜておきます。このときレモン汁を追加しておくと、色止めになるのと味わいもよくなります。しばらくすると果実から水分が出てくるので火にかけ、浮いてくるあくを取りながら軽く煮詰めます。

濃度の高いジャムにするにはこの段階で布でこして水分と固形分をわけ、水分の方だけをある程度煮詰めてから固形分を戻します。

あまり長時間煮ると香りが飛んでしまうので、加熱はほどほどが良いと個人的には思います。ゆるいジャムも甘みをうまく調整すれば美味しいジャムが出来ますよ。ヨーグルトにくわえるのも美味しい。

桃をサイダーで煮る方法もあります。

桃1個に対してサイダー200ml(1カップ)を基本に、カットした桃の果肉をサイダーで煮て冷まし、冷蔵庫で保存します。これは長期保存は利きませんが、甘みを砂糖で調整すれば美味しい桃のシロップ漬けができます。


桃を楽しむ

旬の時期にしか楽しめないからこそ、一層美味しく感じられる桃。その種類はじつはかなり多く、味や香り、特徴も様々です。すべてを一気に食べようと思うと大変ですが、こうやって工夫をしてその美味しさを保存することが出来れば、また楽しみ方も広がりますね。



         広告



スポンサーリンク


スポンサーリンク