おしゃれステテコ

ステテコとは

ステテコとは、男性が身につける下着の一種で、膝下丈のズボン下のことです。

ゆったりとした身幅があり、肌に密着しません。もともとは袴(はかま)や着物の下につけるものとして明治以降に普及したそうです。

ギャグ漫画などに腹巻きとともにステテコを身につけたおじさんの絵が出てくることがあります。夏場などはルームウェアのようにステテコ姿で過ごしている年配のおじさん方も結構いらっしゃるようです。ステテコは肌着のパンツに重ねて履くもので、そういう意味ではパンツ一丁で過ごすよりもはしたなくはないものの、やはりあくまでも下着であり、その格好で人前に出ることは避けて欲しいものです。


ステテコの役割

ステテコの役割は、肌とズボン(あるいは和装の場合は着物)との間に身につけることによって汗を吸い、衣装を汚さないことが挙げられます。また、しゃがんだり座ったりという動作のときに、肌と衣装との間の摩擦を軽くなるので動作が易しくなります。同時に布地を無理に引っ張ることがなくなるので、ズボンの膝がでてしまったり布を傷めたりするのを防ぐことができます。

ステテコに使われる素材は、肌触りが良く吸水性のある綿が好まれます。生地は縦にすじのような絞り模様が出る「揚柳クレープ」もよく使われます。年配向けの夏の肌着によく見られる生地です。肌に密着する部分が少なく風通しもよいので快適です。


おしゃれステテコ

見た目が格好悪いということで若い人には敬遠されてきたステテコですが、その機能が再認識されてきたようで、このところ人気復活の兆しを見せています。

しかし見た目は一新。花柄、大胆なプリントが施されたものも多く、呼び方も「ロンパン(ロングパンツ)」「7分丈トランクス」など古臭さを感じさせません。デザインも少し細身に作られて、スーツのアンダーだけではなくホームウェアはもちろん、ちょっとした外出にまで使えるものになっています。


       


女性用おしゃれステテコ

女性用の場合はファッションそのものに多様性があるため、ステテコと言ってもいわゆるペチパンツとの違いがあまりはっきりしません。逆に言えば、女性用ステテコはペチパンツなのです。つまり、女性にとってはファッションアイテムとしてステテコはすでに取り入れられるということでしょう。


   

こんなペチパンツなら、どんどんコーディネイトできますよね。


洋服とあわせるだけではなく、実は和装のときにも大活躍するのです。ステテコはもともと着物用に発案されたものなので当然といえば当然です。和装のときは良く膝をつきますが、その際にも膝への当たりが柔らかくなります。着物だけでなく、浴衣のときにも身につけると安心です。


目に付くところでないので昔は味気ない無地のものが殆どでしたが、最近は可愛さも取り入れた商品が出回るようになりました。色柄が表に響くので、あまり目に付くプリントや柄のものはありませんが、確実にお洒落を意識したものへと変化しています。

クールビズが言われるようになってかなり経ちますが温暖化は進む一方です。エネルギーの無駄を無くすためにも、機能的な装いを積極的に取り入れていきましょう。